-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-04-13 (Wed)

みなさま、こんにちは。

いつも訪問ありがとうございます。

今日はルナとのお出かけの続きをと思いましたが
みなさんにお聞きしたいことがありまして、こちらの記事を書かせてもらいます。

というのは・・・のんの事でして。

(あっ、今日はたぶんとっても文章長いです。)

前回でも記事にしましたが
4/7夜になんとなくおかしいなっていうのを思い、
4/8に病院に行きました。
一番にヘルニアを疑ったのですが
先生には「なんともいえない・・ちょっと様子をみましょう」と言われました。
そこで鎮痛剤を打ってもらい、お薬をもらい「明日から2日間飲ませてくださいね」と言われました。

鎮痛剤をうってもらってから、のんの様子が普段と近い状態になり安心しました。
元気になったと思ったから。
でも・・・。
薬を飲まなかった月曜日の夜。
8日ほどじゃないけど元気がないような・・・。
後ろ足がふらついて、なんていうのかな、こークロスするっていうのかな??
それが気になって仕方がなく。
病院には一週間後にきてくださいねって言われていたけど・・・。
ダンナさんとも相談し、昨日別の病院へ行ってきました。


2011041219210000.jpg 
病院って初めて行く場所でも、なんでかわかるんでしょうねぇ~
入った瞬間プルプル震えだすんだもん^^;


このほぼ6年間、他の病院にお世話になったことがないtae。
病院によってさまざまなんだな~って今回とっても思いました。

2011041219320000.jpg


最初に看護師さんに今までの経緯をくわしく聞かれ。
今まで飲んでたお薬もってきてってHPに書いてあったから、それも渡し。
体温やら体重やら調べて・・・。

次に女性の先生がきて、またまたくわしーーーーくのんの体を調べ。。。

そしたら、「のんちゃん、ヒート終わって一ヶ月くらいですか??」って言われ。
そうですって言ったら、またさわりさわり・・・。
「ちょっとおっぱいのところに一個ちっちゃいしこりがありますね」と言われ。
これはまた一ヶ月後に検査しましょう・・と言われました。
で、さわってみて下さいって言われて、さわると確かにあったーーー(涙)

とにかく、長いこと、くわしくくわしく診てくれて。
まずそれにびっくりだったぁ~

後ろ足も詳しく詳しく上にもったり横にひっぱったりして調べてくれて
下も歩かせてみたりして診てくれました。

最後に院長先生に診てもらいますね。
といわれ、院長先生登場。

今度は女性の先生が院長先生に説明し、
次にのんを下を歩かせて、院長先生、這いつくばって足の様子をみてくれて^^;

で、また診察台でなんかトントンってたたく道具みたいなので全部の足を確認してて。

最後に長い距離歩かせてと言われ、渡り廊下にのんを連れて行き、歩く姿をみて。
「わかりました」と。

そして、説明してくれました。

「椎間板ヘルニアですね、今の病院での状態だと、グレード1かな
でも、家で後ろ足がへたって座っちゃうという状況を聞くとグレード2。
1~2の場合は内科的治療になりますが3までいくと手術を考えないといけません。
まだ、のんちゃんはそこまでいってないので、内科的治療になります。
ただ、この病気は急に悪くなることがあるので、注意が必要です。」
(この病院ではグレード1~5まであると言われました)

「そして、今までの経緯をお聞きしますと。
鎮痛剤を飲んでて・・よくなった・・わけではないんです。
ただ、痛みがとれただけ。
我々人間は痛みを取り除く薬を飲み、そして安静にしてと言われれば安静にできる。
でも、動物は痛みで自分の体の判断をしてる。
痛ければ、動きも自重する。
でも、それをとってしまったら、痛いということさえもわからなくなる。
そして悪化してしまう恐れがあるんですね。。
ただ、もう痛くてご飯も食べれないという状況だったら、鎮痛剤使います。
でも、それは病院で完全に安静な体制をとって行う治療になります。
のんちゃんの場合、まだ食欲旺盛とのことなので、
骨などを保護するサプリをお出ししておきます。
人間もそうですけど、結局は自然に自分の力で治癒する力をおぎなっていく。ということです」と。

「そして、一番気をつけなければいけないこと。
この二週間絶対安静にしてください。
まず最初の一週間が肝心です。
もし、絶対安静な状態がムリな場合は、明日連れてきてください。
入院してもらいますので。
ヘルニアに直接効くという薬はないんです。
とにかく絶対安静が一番の薬なんです。」

という説明を院長先生にうけ、院長先生は次の患者さんを診にいかれまして。

最後に女性の先生が図鑑ひらいて、
「これがヘルニアでヘルニアはこんなに怖い病気で、安静にしてないと
怖いことになっちゃう可能性があるんですよ」

というお話を図をみながら、詳しく説明をお聞きしました。

で、こんなに詳しくみてくれて、どんなけの診察代なんだろうと思ったら

2011041222510000.jpg 


確かに何もレントゲンとかも使ってないしな。

あっ、あと、ヘルニアは詳しく検査するとなると、MRIとかそーゆーのになると。
でも、そーゆー検査はすべて麻酔を使っての検査になると。
ウチの病院では、手術まで考える段階になって、はじめてそうゆう検査をするのが方針です。
と、説明をうけました。

いやぁ・・・診察代払って帰ろうとしたら
院長先生がひょっこりあらわれて
「ぜーーーったい安静が必要ですからね!!」
と、クギをさされてしまった^^;

というわけで、今までとはかなり違う診療にちょっととまどいながらも
詳しく診てくれて、説明してくれるこの病院にまたお世話になりたいと思いまして。。

で、ここからがみなさんにお尋ねしたいことなのですが

ずっとお世話になりたい病院が新たに出来ました。
でも、ここは夜間診療おこなってません。
いままでお世話になってたところは、
夜間でも先生眠くても、「大丈夫、連れてきてください」って言ってくれる先生でした。
前の先生もすごくいい先生なんです。
ただ、ちょっと・・・説明してくれないけど。。。←ここ重要かも。。

だから、どちらでもお世話になっておきたいんですけど
前の病院から「一週間後にまたきてくださいね」って言われてます。

こーゆー場合、正直にお話してもいいものなのでしょうか??
違う病院にお世話になりますって。

みなさんだったら、どうされますか??
経験されてきた方でしたら、どうされてきましたか??

そんなこんなで訪問も出来てないのに、みんなに質問して申し訳ないです。

よかったら、教えてください。
よろしくお願いします。


そして・・・
実は、今週土曜日、のんの子供たちのお誕生日でして。
で、お誕生日会をひらくことになってました。
一ヶ月くらい前から色々と準備をしてきたのですが・・・。
これはのんは参加できないや・・とみなさんにご連絡したのですが。

アポロは実家なので、まぁいいとして。
ローズのご家族(テンプレ写真一番左の子)にも、ロビンのご家族(テンプレ写真一番右の子)にも
「またのんママが元気になったら、一緒に遊びましょう」と言っていただきました。。
ごめんなさい、そんでありがとうです。
のんが元気になったら、またみんなで一緒に遊んでやってくださいね!

色々と今日、お店もキャンセルしなくっちゃだわ。。

のんのヘルニアがどうなるか、
この二週間にかかってる!

ご迷惑かけたみんなの為にも、のんが元気になれるように。
サポートしていきたいと思います。

すいません。
すんごい長い文章になってますね。

ここまで読んでくれてみなさん、
ありがとうございました!

そして、もしよかったら、ご意見聞かせてくださいませ


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ 





関連記事
スポンサーサイト
| 病院 病気 | COM(31) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。